ネット印刷通販の【99print.com】

封筒印刷の金額がすぐにわかる便利な自動見積り機能

★お知らせ★

2018年1月4日
旧年中はたくさんのご注文をいただき、誠にありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2017年1月16日
営業時間が変更になりました。新しい営業時間は、月〜金(祝祭日除く)の10:30〜17:00です。
2017年1月4日
本日より新年の営業を開始いたします。昨年同様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2016年11月30日
12月16日(金)は臨時休業とさせていただきます。ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいませ。
2016年7月27日
8月の夏季休業に絡むご注文に関しましては、必ずご注文前に納期をご確認ください。通常より納期が長くなる場合がございます。
2015年10月21日
サイト全体をSSL化(暗号化)してセキュリティを強化しました。ご注文時の個人情報なども含め、お客様とサイトとの通信は全て暗号化されますので、通信盗聴などのリスクが大幅に軽減されます。
2015年7月31日
8月13日(木)より16日(日)まで夏季休業となります。この期間中にいただいたご注文などは17日からの対応となりますので、予めご了承ください。
2015年1月15日
1月16日(金)に電話回線の工事を行うため、電話が繋がらない時間帯が発生する予定です。ご迷惑をお掛けいたしますが、電話が繋がらない場合はメールでお問い合わせください。
2015年1月5日
本日より新年の営業を開始いたします。昨年同様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2014年12月26日
12月27日より1月4日まで年末年始の休業となります。この期間中にいただいたご注文などは1月5日からの対応となりますので、予めご了承ください。
2014年12月2日
封筒印刷の年内納品は12月16日受け付け分までとなります。それ以降のご注文は年明けの納品となりますので、予めご了承ください。
2014年09月12日
封筒印刷ご注文時のデザイン制作料金が無料になりました
2014年09月02日
封筒印刷ご注文のお客様に会社概要などの電子ブック作成を無料でご提供。
2014年09月01日
99printのHPがリニューアルしました。
2014年05月08日
Yahoo!ショッピングに出店しました。

消費税についてのご案内

この度の消費税率増税に伴い、弊社における消費税の取り扱いにつきまして、ご案内申し上げます。

2019年10月1日以降に弊社がご提供する商品・サービス等に係る消費税率は10%となります。そのため 2019年9月30日までにご注文いただいた場合でも、2019年10月1日以降に商品発送となる場合は新税率が適用となり、消費税率10%での請求となります。詳細は担当者にお問い合わせ下さい。

消費税の増税に伴い直前のご注文はご希望に添えない場合もございます。予めご了承下さい。
適正な消費税率の適用につきまして、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


版下データの制作について

  • 版下データを制作される場合、左記の有効範囲を参考にして制作してください。有効範囲外の絵柄・文字などは印刷されません。
  • お客様がデータを制作される場合は、データ制作方法と対応アプリケーションをご確認ください。
  • 各サイズのトンボデータはそれぞれのページよりダウンロード可能です。
  • 3色印刷および4色印刷ではフタへの印刷ができません。また洋0(洋長3)・洋2は色数に関わらずフタへの印刷は原則できません。文字を1〜2行程度印刷することは可能ですが、裏面扱いとなるため片面印刷より料金が高くなります。
特殊封筒以外の余白の注意

↑弊社で使用している角2封筒を10枚程度重ねて少しずらし、裏側から見た状態です。

フタへの印刷について

  • フタへの印刷は1色印刷と2色印刷でのみ可能です。3色印刷・4色印刷ではできません。また洋0(洋長3)は色数に関わらずフタへの印刷は原則できません。文字を1〜2行程度印刷することは可能ですが、裏面扱いとなるため片面印刷より料金が高くなります。
  • 版下データにはフタ部分を含めたトンボを付けてください。
  • フタに全面印刷する場合、フタの部分が本体より薄いために印圧が下がり、多少の色ムラが発生する場合があります。
  • フタに全面印刷する場合、フタの裏側のフチにインクが付着することがあります。これは仕様上避けられません。また青い丸印の部分にインクが付く場合もあり、できるだけ検品で取り除きますが、印刷機の仕様で完全につかない状態にすることが事実上困難です。予めご了承ください。なお、丸印部分にインクがつくと、フタを折っても少し見える状態になります。

インクのにじみかたは一様ではありません。 別製封筒にすると問題は回避できますが、単価がかなり上がります(別途見積もり)。


ベタの注意

色むら・裏写りについて 面積の広いベタ印刷や網点印刷の場合、色むらが発生する場合があります。特にフタ部分への印刷では、紙の厚みが1枚分しかないため、本体部分に比べて印圧が低くなりますので色むらが発生しやすくなります。色むらを回避する場合には、ベタや網点の面積を小さくしてください。
広いベタ印刷がある場合、印刷時にインクが完全に乾かずに裏写りする場合があります。できるだけベタ印刷の部分の面積は小さくしてください。(2011.11.8追記)


アドヘアの注意

アドヘア糊加工について アドヘア糊加工では、左図のようにフタを閉じた時にフタよりはみ出る部分まで糊が付きます。これは仕様上、避けられませんのでご注意ください。


注文キャンセルについて
封筒印刷のご注文については、ご注文の翌日までには封筒用紙などの手配を行います。そのためキャンセルされる場合はご注文当日の午後6時30分までに弊社までご連絡ください。それ以降になりますとキャンセルはできません。また、弊社の営業時間終了後にご注文をいただいた場合でキャンセルを希望される場合は、翌営業日の朝9時30分までにメールなどでご連絡ください。


その他

  • 封筒サンプルをご希望の場合は無料でお送りしますので、お気軽にご請求ください。
  • 弊社にて制作した印刷用データなどは、お渡しすることができません。
  • 短期レンタルオフィスからのご注文は取扱いができません。
  • お客様のプリンタ(特にインクジェットプリンタ)で出力した色と、実際の印刷色は同じにはなりません。家庭用プリンタは実際のデータより鮮やかに印刷されるように調整されている場合が多いため、オフセット印刷で印刷したものが「暗め」あるいは「濃いめ」に見える場合があります。色を精密に合わせる場合はカラーキャリブレーションの調整がされたPostscriptプリンタで出力するか、特色の場合は家庭用プリンタ以外のもので出力した色見本をお送りください。

一般的な封筒印刷で一番使われる 長3封筒と角2封筒 の印刷自動見積りは ↓↓こちら↓↓ へ!

    

長3と角2の次によく使われる 長3窓付き封筒印刷 の自動見積りは ↓↓こちら↓↓ へ!